日記:思ひ出 Feed

2006年2月10日 (金)

空の旅

 古い携帯の画像。

********

Tcbhtnui  一昨年の夏、職場の友達と旅行に行った時の写真です。

 「気球に乗って空中散歩」体験バスツアー。
 長野までの往復バスと、1泊2食と気球体験と観光で確か9,800円だったような・・・安すぎませんか?

 写真は、宿泊した白馬サンバレーホテル。


 ケータイ写真では一見、ペンションかプチホテル風の素敵な建物に見えますが、完全に「安スキー宿の夏場利用」でした。汚かった。狭かった。
 もし今度ここに泊まることがあったとして、あと5,000円出して1ランクグレードアップできるなら、迷わず払います。

Dw4zzj0l

 2日目の朝は早起きして気球に乗りに。
 熱風を送ってふくらましているところをみんなで見物。



I2309lij

 ふわふわ空中散歩。

 ・・・と言っても、実は綱で地面につながれているので、気球は上に上がって、ちょっと静止して下りてくるだけ。同じ位置のまま。なーーーーーんだ、がっかり。(そりゃまあ、自由に行ったり来たりできる気球に乗るのも怖いけど;)

 そして、雨は降っていないものの、曇天。

 このツアーにはもうひとつ、ゴンドラで山(多分スキー場)に登って眺望を楽しむという観光もついてました。(夏に長野方面に行くバスツアーには、こういう類の観光が多いです。)どこの山か忘れましたが。

 気球とゴンドラで「2つの空中散歩」らしいです。関西の夏が大嫌いな私にとって、1〜2万円で行ける別天地はお値打ち。毎年行きたい。

(2004年8月21日撮影)

2006年1月10日 (火)

決定的瞬間!

 「リンク紹介日記」の例に違わず、途中でやめたのかと思いきや、かつて思いつきで作った「コーナー」をふと思い出したように更新するのが私の常。
 「五十音読書」も、永遠放置と思ってるでしょう?・・・いやいや、そんなことは・・・。断言できませんが。

 ということで、過去の記事を読み返していて思い出したのは、古い携帯の写真公開というやつです。最後に書いたのは11月、その前は7月ですが、続けることにしましょう。

********

 まだ私が「トヨタスターレット・ソレイユL」に乗っていた時代のこと。
 車の運転がどちらかというと「嫌い」だった私。はじめの数年間は、1年に3,000キロくらいしか走らせていませんでした。(普通の人は年間1万キロくらい?)

Sjzti803
 購入後8年8ヶ月で、走行距離がやっと30,000キロになりました。


Qta40ifm
 実は「29,999から30,000に変わる境目」という決定的瞬間も、カメラが捉えています。
 速度メーターが「時速40キロ」を指しているような気がしますが、あまり気にしないでください・・・。

 (2004年7月16日撮影)

2005年11月21日 (月)

親パン子パン

 前にも「日本のパンダ全部見ました」って言って、このうちの1枚を掲載しましたが、今回は、この日の写真を全部ご紹介します。

 和歌山の白浜アドベンチャーワールドでは、今年も赤ちゃんパンダが生まれましたが、そのお兄ちゃんの双子パンダがまだお子ちゃま(生後7ヶ月)だった頃の写真です。あああああ、子パンダやべえ。

34byeqdn


 お母さんパンダによじよじ。


1peub78n

 木にもよじよじ。


Tvxlnwoa


 ・・・下りられなくなっちゃった;;


Svajit4g

 仕方がないので、挟まってお昼寝の図

 双子ですが、こんなにちっちゃくても性格に違いが。片方は甘えん坊、片方は好奇心旺盛で活発。(マニアは顔を見て名前も分かるらしい。。。私には無理ですが。)
 片方が木によじ登っているその下で、片割れは、お母さんにじゃれついて離れないのでした。

(2004年4月24日撮影)

2005年11月18日 (金)

げいじゅつはばくはつだ

 そういえば、古い携帯画像を公開したりしてたっけか。
 最近ネタ切れ気味なので、再開してみます。さて、次の画像は何だ・・・?

********

Bh4ucagf
 一時、このblogのプロフィール画像にもしてあった、太陽の塔。(別に、私が太陽の塔に似ているわけではありません。今のカエルにも似てません。あしからず。)


 日記にも度々書いているので、私が太陽の塔好きだってことをご存知の方も多いと思います。なんでこの塔が好きなのかというと、最初に間近で見た時、予想を超えるデカさに笑いがこみ上げてきて、なんだか元気になれるような気がしたから。

 それまでも、高速道路(中国自動車道?)を通る時、遠目に見て「おー」と思うことはあったけれど、あんなに大きいとは思いませんでした。
 でかいよ。なんで、こんなでかいものを作ろうと思ったんだ。それがすごいよ。「プロジェクトX」を見ていると伝わってくるような、高度成長期・'70年代独特の、ある種の興奮。時代の空気というか。
 それを具現化した物に触れて、いたく感激したのでした。

 ・・・それと、裏側の黒い太陽の顔に、邪悪な魅力を感じたから(笑)

(2004年4月1日撮影)

********

 「リンク紹介日記」も、近日再開予定。
 去年の今頃に始めたような気がしますが、あの頃は、10日か20日に1回書く気でいたのになあ;

2005年7月29日 (金)

ウサちゃん

Wfqw4nsz  諦めもせずに、古い携帯画像をアップし続けてみるのです。

********

 植木鉢に差していた、ウサギ型のピックです。うぇるかむ。
 (写真ではそのサイズが分かりにくいのですが、ウサギ部分の大きさは約3センチ、「ちっちゃいかわいいもの好き」な私は即衝動買い。)

 ところで、私がこの画像を保存した時のファイル名は、「040328-1309ウサちゃん.jpg」。
 あまりにアホっぽいのでここに記す。

(2004年3月28日撮影)

2005年7月14日 (木)

はたらくくるま?

Saz_hx2z  神社の石灯籠にぶつけたり、高さ2メートルはあろうかという側溝に脱輪したり、台風の被害でハッチバックが全壊したり、免許取りたての弟にドア2枚にわたってものすごい傷をつけられたり・・・と、幾多の天災・人災を乗り越えながら、一応無事故・無違反で10年半乗ったスターレットに別れを告げ、5月に車を買いました。

 5月末に納車され、まだ1ヶ月半しか乗ってないんですが、先週、早速後ろのバンパーに傷をつけてしまい、ショックを受けている私です。(5mmほどですけどね;)

 ・・・で、この画像は、今回購入した車とは違います。
 映画を観に出かけて、駐車場で見つけた他人の車。ダットサンのピックアップトラック。かなり濃いオレンジ。
 これを「かわいい」と思って写真まで撮ってしまう私の感覚は、やはり普通ではないのだろうか。一生のうちに買う車なんて、きっとあと2台か3台だと思うんだけど、いつか乗りたい、とさえ思っている。

 残念なことに、今は生産されていません。

(2004年1月12日撮影)

2005年7月11日 (月)

ルミナリエ

Lud1xf8k  ネタがない日は過去の画像。お手軽だねこりゃ。

********

 過去の画像なので季節外れですが・・・初めて行った神戸ルミナリエ。
 もっともっとすごい人混みかと思ってましたが、天神祭やディズニーランドのカウントダウンに比べれば、それほどでもなかった気が。

 これは、終点の東公園の様子。
 スペインでカテドラルの講堂に立った時にも思いましたが、美しいものを目にすると、人は厳粛な気持ちになります。

 震災の時、私は二十歳でした。

(2003年12月20日撮影)

********

 私って、ほんとにほんとにほんっっっっとにウッカリ者で、サイトのタイトルが[Chicaco's Cimema Cafe]になっていたり、このblogのプロフィールの「helleborus」の綴りが間違っていたりと、同じような間違いを繰り返してしまいます。これは多分一生治らないと思うんですが・・・昨日、せっかくblogから本家にリンクを張ってアクセスアップを狙ったというのに、URLがwww.sammet.ne.jp〜になっていて、全然役目を果たしていなかったのでした。はぅあ。

2005年7月 4日 (月)

そして三度(みたび)ディズニーリゾートへ

Vjpmeecf  2003年、3度目のディズニーリゾートです。

 友達が「ディズニーランドのカウントダウンに行こう!!」と頑張ってくれて、チケットをゲットしてくれました。往復航空機、0泊2日の強行軍で2万6千円くらいしたかも。。。
 というわけで、なんと、2003年12月は2回もディズニーリゾートに行っているのでした。。。

 ところが、当の本人(友達)が高熱を出してどうにもこうにも行けなくなりまして、私は急遽代わりに行ける友達を探し、チケットを郵送してもらうというハプニング。

 画像は、午前4時前のイッツ・ア・スモール・ワールド。普通ならこんな時間、ありえませんね。
 寒くて眠くて、ハードスケジュールでしんどくてフラフラになったけど、きれいで楽しくてとても素敵でした。

(余談:カウントダウンのチケットは、元旦の夜8時まで園内にいられるチケットです。私達は飛行機の時間が決まっていたので、午前5時頃にパークを出ましたが、翌日もずっと残るつもりの人たちもたくさんいたみたい。深夜を過ぎると園内のあちこちで、シートを敷いて寝袋で寝ている人々が転がっているのを目にしましたが・・・あれは絶対に無理!!)

(2004年1月1日撮影)

2005年6月30日 (木)

Bellisimo!

Vhtlcsyk  というわけで、2003年12月に宿泊したホテルミラコスタの、ロビーにある天井画。
 ホテル全体が、イタリアンクラシック&海をイメージしたデザインです。

 ディズニーリゾートの外であれば、同じお値段でもっとラクジュアリーなホテルに泊まれるであろう価格設定ではありますが、夢と魔法の王国でそんなことを言っていてはいけないのです。(ちなみにディズニーシーのコンセプトは「冒険とイマジネーションの海」らしいです。)

 何と言ってもやはり、パーク内のホテルは憧れ。アンバサダーホテルも一度は泊まってみたいなあ。。。

(2003年12月7日撮影)

2005年6月29日 (水)

ディズニーシー再び

Cfddsuzm  久々に、古い携帯からの画像を紹介します。

********

 掲示板を利用して書いていた「ときどき日記」で5月28日に、「2003年に訪れたイタリアの港町と、南米奥地のピラミッド」っていうのを書きました。あれは、2003年1月20日の画像。

 それまで全然興味がなかったのに、突然魅力が分かるものってないですか?この年の私は、それがディズニーランドだったのです。和歌山在住なのに私、2003年は実は3回も東京ディズニーリゾートに行った年でして・・・。

 これはディズニーシーの、素晴らしく美しいクリスマスツリー。
 クリスマスのショーやパレードを楽しみ、友達の努力の甲斐あって、予約がなかなか取れないという憧れのホテル・ミラコスタに宿泊し、翌日はディズニーランドで、夢と魔法のクリスマスを満喫。パーフェクト。

(2003年12月7日撮影)