ショッピング:Amazon Feed

2010年1月26日 (火)

買いました。

 マイケル・ジャクソンと言えば謎の整形、「ネバーランド」、ロリコン疑惑、赤ちゃん宙づり、バブルスくん。
 ・・・そんな貧困なイメージしかなく。

 知っている曲は「スリラー」と「We Are The World」くらい。(正確に言うと「スリラー」は、踊りは見たことあるけど曲は知らなかった。)

 ・・・そんな私が、追悼特番やYoutubeで「バッド」、「スリラー」、「スムーズ・クリミナル」などのPVを目にし、「2009年にわかマイケルファン」のご多分に漏れず、「マイケル・ジャクソンってこんなすごい人だったのか!」とやっと気づき、「『This Is It』がすごく良い」という噂につられて映画館に足を運んで、「ビリー・ジーン」に合わせて体を揺らしながら、涙するほどにまでなりました。

 年末にWOWOWで放映されていた「マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説」と「ムーンウォーカー」も録画したよ。
 
 
 ・・・というわけで、今日届きました。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT
  (特製ブックレット付き) [Blu-ray]


Image00802  
   
 
 
 
 
 
 

 
 
 発売日、1月27日じゃなかったっけか。Amazonすげえ。
 

  
 ・・・しかし。

 ブルーレイを再生する機械を持ってないんだけどな。
 どうするべ。
 
  

2007年8月13日 (月)

いつまで待てばいいの

 ・・・とは、まるで日陰の女か、望みのない遠距離恋愛みたいな言いぐさですが、別にそういうことではありません。

 我が家では節電の目的もあり、何年か前から電気ポットを使っていません。
 基本はエアポット。食事の前にやかん一杯のお湯を沸かしておいて、ポットに入れて使います。単なる魔法瓶なので時間が経つと冷めてきますが、熱湯が要る時には、必要な分だけやかんで沸かし直せばOK。

 常に熱いお湯を用意しておかなくてもいい。要る時に、欲しいだけ沸かせばいい。できることからスローライフって感じですか?

 ・・・いや、しかし。
 朝が起きられないのは私の弱点。そして、私がその血を色濃く引いている母親も、年齢を重ねてもかなりの寝坊。
 私も朝7時という、社会人とは思えない時間に起床しているのですが、母親はその時間に起きていないことが多いです。
 父親がこの春に退職し、朝食やお弁当を作らなくてよくなったのが大きいのですが、それにしたって家族で一番夜更かしで寝坊なんて、専業主婦とは思えない・・・。

 今年度になってから私が一番困っているのは、朝からお湯を沸かさないといけなくなったこと。
 私が飲むだけの量ならすぐに沸かせそうなものですが、どういうわけか、うちの母親は寝る前にやかんに水を一杯にして、ガス台の上に載せておく習慣があるのです。(塩素を抜くため???)

 大の寝坊の私がフラフラと起き出して、トーストを焼いてマーガリンを塗っただけの簡単な朝食を準備している間に、やかん一杯のお湯は到底沸騰しません。
 しかし、飲み物がなくてはトーストなんて食べられない。昔のサザエさんのように、ウガググとなります。常にハライタの私は、朝から冷たいものは飲まない主義だし・・・どうするべ・・・。

 春先からにわかに困っていた時、フジパンの2007年春のキャンペーンで、T-falの電気ケトルプレゼント!というのを発見しました。しかも、一時は大好きで集めていた、ミッフィーの模様なんだって。
 プレゼントにはシール3枚コースと5枚コースがあって、電気ケトルは5枚コース。ヤマザキやシキシマと比べてフジパンってマイナーそうだし、毎月1,000名様ということで、クジ運の悪い私でも、もしかしたら当たるかもっ♪

 お陰で3月から5月の間、せっせとフジパン製の食パンを食べました。
 実は、食パンは他にダントツに好きなブランドがあるんだけど、約1分でアツアツのお湯が沸く朝を思えば、そんな贅沢は申しません。ひたすら「フジパン本仕込」を買い、家族にも消費を強いる日々。
 しかも、5枚切りより4枚切りの方が早く消費するからと、4枚切りの袋を選んで買い、「4枚切りはブ厚すぎる」と文句を言う父親にも、有無を言わせず食べさせていました。(鬼です。)

 さて、第3回の最終締め切りが6月5日(消印有効)で、「当選は賞品の発送をもって代えさせていただきます。」の場合、私はいつまで賞品を待っていればよいのでしょうか。

 ヤフオクで次々と売りに出されるミッフィーの電気ケトルを尻目に、往生際の悪い私はやかんでお湯を沸かして待ち続けましたが、いつまで経ってもそれらしき荷物は届きません。

 そして7月末。
 さすがにもう、当選ってことはないやろ・・・。

6o8xgmu9
 ということで、先日とうとう諦め、結局Amazonで買いました。T-falの電気ケトル。

 そして今、あのフジパンの日々は何だったんだと思いながら、61秒でお湯が沸く毎日を過ごしています。

********

 ・・・と言いたいところなんですが、いつものごとくに荷物が届いてから放りっぱなしで、ようやく開封したのが昨日。
 お盆休みなので、そんなに急いで朝食を食べる必要もなく、まだ一度も湯を沸かしておりません。

C1vj7u0q
 ついでに、ずっと欲しかったミキサーも買いました。(うちには今まで、博物館に持って行けそうな年代モノのミキサーしかなかったのです・・・。)

2007年6月 5日 (火)

おっかいもの♪(4月)

Vph2qocj
 3ヶ月に1回の、Amazonショッピング。
 4月、5月の間中、ずっと書こう書こうと思っていたんですが、つい先延ばしにしていた4月の「おっかいもの♪」です。

********

 J-POPばかりのラジオ局に飽きて、カーラジオでいつも聞くところを洋楽局に変えたら、今度は邦楽に飢えてきました。
 2007年の私の音楽指向はどうも、邦楽に向いているみたい?

(写真左上から時計回りに)

・和書 「わたしのブックトーク」 京都ブックトークの会
 ご存知の方はご存知ですが、お勉強用。


・    「          」 (←ドラッグしても何も出ません)
 実に思わせぶりな画像ですが・・・ヒミツです;
 秘密なのに、一緒に撮ってしまったので;(別にアヤシイ物品ではありません。)


・CD 「MINI SKIRT DELUXE EDITION(DVD付)」 カジヒデキ
 1997年にリリースされたファーストアルバム「ミニスカート」発売10周年を記念して、シングルのカップリング曲を追加収録、なおかつ全曲リマスタリング。そして、初回生産分のみDVD付き。
 そのファーストアルバムは持っているので、普段の私なら買わない代物なんですが、カスタマーレビューの全員(って言っても2人ですが;)が、「10年前のCDも持ってるけどこれも買った」と書いていたので、乗せられてついつい買ってしまいました。
 洋楽も好きですが、私の奥底には常にこういう、ポップ魂があるのです。結局。
 しかし、もうあれから10年も経っているとは・・・オソロシイ。


・CD 「耳鳴り」 チャットモンチー
 2005年秋、ラジオから流れてきた「ハナノユメ」にハマってしまったガールズバンドのファーストフルアルバム。
 発売から9ヶ月間、カートに入れっぱなしだったんですが、2007年のある日ラジオから新曲が流れてきて、ああ、この子たちの歌、ホントに好きだなあ〜と思ったので買い。(アルバムを追いかけて買いそうな勢い。)
 私の奥底にはこういう、ガールズバンド魂が・・・(以下略)
 自分が32歳だということすら忘れてしまいます;根源はジッタリン・ジンなのだと思う。

 合計9,902円。500円のキャンペーン用ギフト券利用で、9,402円。

********

 ・・・で、10,000円を切って節約かと思いきや、4月はもう一度お買い物してしまいました;(写真はありません)

・和書 「ワーズワースの庭で」 松山 猛
 「ワーズワースの冒険」(第2巻)を先に買って、面白かったら「ワーズワースの庭で」(第1巻)を買おうと思い、カートに入れてありました。2巻を3月に読んで面白かったので、いよいよ1巻を買おうと思ったら、いつの間にか品切れに!(古本ならあったけど、「中古」ってあんまり好きじゃないので・・・。)
 悔しい思いをしたので、新品が入った途端に飛びついて購入。


・CD 「トゥエンティスリー」 トリスタン・プリティマン
 Amazonは、一回の注文が1,500円以下だと送料がかかります。「ワーズワースの庭で」が530円なので、他に何か買わないと・・・というわけで、1年くらいカートに入れっぱなしだったCDを調整のために購入。合計2,412円。
 巷でずっと流れている時に「コレ好きだなあ」と思ってもすぐには買わないで、一旦カートに入れて寝かせておきます。1、2年が過ぎて、流行が終わってもまだ好きと思えたら買う、というのがいつもの私のやり方。
 現世においてサーフィンをすることは絶対にないと思われる私にとって、「サーフミュージック」っていうジャンルはまったく必要ないんですが(笑)

 結局4月の買い物は、合計11,814円。かなりオーバー。

2007年1月30日 (火)

おっかいもの♪(1月)

Rbnhtput
 
 昨年は「2ヶ月に1万円」にセーブするよう心がけていたAmazonでのお買い物ですが、2007年から「3ヶ月に1万円」と、さらに減らしました。
 理由は、これでもうまくクーポンが使えるワザ(?)を発見したのと、緊縮財政ゆえ。

 ということで、1月20日に届いた、お買い物。

 今回は、洋楽CDを多めに。
 お正月休みをのんびり過ごすために使えればよかったのですが、着いたのが20日じゃなあ。。。

(写真左上から時計回りに)

・和書 「図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集 」 浅野 高史
 「よくライオンの口から水やお湯が出ているが、その由来は?」「身近なもので線香花火を作る方法は?」「『萌え』という表現はいつ頃から使われるようになったのですか?」(オビより)
 面白そうじゃありませんか?
 でも、この本がただのよくある「雑学本」と違うところは、その「答え」だけが載っているのではなく、「調べ方」が解説されているところ。
 ・・・今、ちょっとパラ見しましたが、かなりエキサイティング(笑)
 これだけは、「お正月休みをのんびり過ごすため」には使えませんな。今度、ゆっくり腰を落ち着けて読むとします。


・和書 「唐招提寺全障壁画 」 東山 魁夷
 職場でいつも親切にしてくれる方が、「すごく良かった」と教えて下さった本です。私が東山魁夷好きだとは知らずに、偶然この本を教えてくださったのですが、その時に改めて自分が「東山魁夷好き」だということを思い出し、思わず熱く語ってしまいました(笑)
 私が初めて東山魁夷の絵を知ったのは、中3の冬休み頃だったと思います。今ほど塾全盛でなかった当時、テレビ和歌山で深夜に放送されていた予備校主催の高校受験講座を録画して、自主学習していました。
 国語の例題(過去問?)に氏のエッセイが出題され、筆者の紹介のために映し出された作品「白夜光」を見た時、私はテレビの前で息を呑みました。国語の問題そっちのけで、ビデオを何度も巻き戻して見たような記憶があります。
 それ以来、大好き。(なんて渋い15歳なんでしょう!!)
 高1の時の家族旅行は、私が「横山大観が見たい」と言って、足立美術館に行ったからね(笑)


・CD 「Back on the Block 」 Quincy Jones
 2005年の終わりか2006年の初め頃に、車で聴くラジオ局をJ-POP重視の「FM802」から、洋楽中心の「FM cocolo」に変えました。(関西の人にしか分からなくてすみません;)
 ある夜のドライブ(と書くと何やら素敵だけど、実は仕事関係のお通夜の帰り道)中に流れてきた曲の、あまりの気持ち良さにうっとり。車ごと、何か液体の中に沈んでいくんじゃないかと思いました・・・。(集中して運転しましょう;)
 局のサイトでは「○月×日△時頃」と数字を入れると検索ができるので、帰って検索して、 Quincy Jonesの「Setembro」という曲だということを知りました。で、収録されているCDをAmazonで検索して即カートへ・・・。最近、こういう「検索結果」が、カートにたくさん入ったままです;


・CD 「Elephunk」 Black Eyed Peas
 「やっと買いましたよ;」とだけ書いておこう。。。。


・CD 「聖なる海の歌声(6ヶ月限定) 」 アディエマス
 そもそも好きになり始めたのはもうかれこれ10年以上前(1995年頃)で、アルバムも5枚持っています。今はそれほど・・・なんですが。
 アディエマスのアルバムの中でいいのは2枚目まで、後はどんどん悪くなるばかり・・・というカスタマーレビューをAmazonで読み、3、4は確かに「うんざり」な印象があったので、持っていないこのファーストアルバムが欲しいなと思っていました。何やら「6ヶ月限定」の特別価格らしく、1,796円と日本盤にしては安くなっていたので購入。
 ・・・しかし、2006年3月発売なのに、まだ「6ヶ月限定価格」のままなんですが。。。。


・CD 「Classics」 Chubby Checker
 Amazonで買い物をすると、荷物が届く前に「本日発送しました」というメールが届くのですが、そのメールを見て、「 ちゃびーちぇっかー ?誰??クラシックス?なんでこのCD買ったんだ??」と、首をひねった私。
 そういえば、12月のある朝、出勤途中にカーラジオから流れてきた曲がぴたりとハマって、なんか笑えて、朝は苦手な私がとても元気になれて、妙に気に入ったんだっけ。
 その日も家に帰ってすぐ検索して、流れていたのがこのサンプリングだと知ったんですが、調べていたらオリジナルの方が断然好きだったので、すぐにカートに放り込んだんだった・・・。
 それにしても、届いた時に忘れてるなんて・・・あまりにも衝動買いすぎでした。今度からはちゃんとカートの中で寝かせて、いい頃合いになったものを吟味して買います。

********

 合計10,025円。この、10,000円を越える分を、いかに僅差で済ませられるかが醍醐味です。

 10月の買い物で1,000円の割引券があったので、9,025円でした。
 CDも、輸入盤を買えばわりと価格は抑えられますね。

2006年10月27日 (金)

おっかいもの♪(10月)

Q2a6xdfd

 しまった、書きそびれているうちに10月が終わってしまう・・・。

 ということで、10月19日に届いた、お買い物。

 今回は、本ばかり購入することにしました。
 テーマは「芸術の秋」です。(いつからテーマを設けることになったんだ?)

(写真左上から時計回りに)

・和書 「ヤノベケンジ1969‐2005」 ヤノベケンジ
 えー、この、ブキミなガスマスクの写真のことです。
 めちゃめちゃ衝動買い。実物も見ずに、新聞の新刊案内とAmazonのカスタマーレビューだけ読んで買っちゃいました。
 アートワークのDVD付き3,790円。これが財布からお金を出す買い物なら、手に取ってレジに向かってまた引き返したりして、絶対迷いに迷うだろうなあ・・・。オンラインショッピングの恐ろしさを、身をもって知ったよ;

 作家の説明は割愛。気持ち悪さも感じつつ、常に気になる存在のアーティスト。


・和書 「神坂雪佳 百々世草―近代図案コレクション」 神坂 雪佳
 7月の旅行で知り、先日の京都行きで魅力を確信した、神坂雪佳(かみさかせっか)の作品集。
 作品に興味のある方は、ここの2段目以降をご覧下さい。


・和書 「パーク・ライフ」 吉田修一
 ああ、吉田修一のことはちゃんと記事にしたかったんですが・・・。買い物記録の方が先になっちゃいました。

 現在、朝日新聞夕刊に吉田修一の「悪人」という小説が連載されています。
 今まで新聞小説なんてほとんど読んだことなかったんですが、なぜかある日ふと読み始めてしまい、これがけっこう面白くて、ハマっているのです。
 でも、連載途中からしか読んでないし、いつ終わるかも分からないし、単行本化されるまでの「つなぎ」に、彼の他の小説を読んでみよう・・・というわけで。

 ところが、最初に買った「東京湾景」(仲間由紀恵主演でドラマ化。パク・ヨンハが出演していたことで、ちょっとだけ話題を呼びました。)がクソ面白くなかった!!・・・あら、お下品な表現で失礼;
 悔しかったので、リベンジのつもりでこの「パーク・ライフ」を購入。芥川賞を受賞した作品で、これが面白くなかったら、多分もう次は買わないでしょう。

 ・・・と書いたら「まとも」な動機のようですが、吉田修一は、「本人がすごくカッコイイ」という不純な動機もあったりします;

 これは、「芸術の秋」関係ないな。


・和書 「ヴァイオリニスト」 ガブリエル・バンサン
 6月に行った「絵本作家ワンダーランド」という絵本の原画展で、この原画が展示されていました。
 シンプルな線画と、きゅーーーんとなる物語。バンサンの絵本は図書館で見るだけで持っていなかったのですが、初めて購入。


・和書 「ワーズワースの冒険」 寺崎 央
 10年以上前にやっていたTV番組。なんだか変に気取った「余裕ある大人の趣味ライフ」的な世界観と、ミステリアスなテーマ曲が好きでよく見ていました。
 何かよくわからない思いつきでネットの中をふ〜らふらと彷徨っていたら、こんな本があることを知って、もう、めちゃくちゃ「なんとなく」買ってしまった本です;

 そういう買い方する時、あるよね?ね?

********

 合計10,200円、7月の買い物で1,000円の割引券があったので、9,200円。
 意図的にCDを買わなかったこともあって、1万円で本ってこんなに買えるんだーーーということに、感心してしまいました。(そう思うと、CDって高いねえ。)

********

 あと、「番外」。

 最初Amazonで買うつもりだったんだけど、書店の店頭で見つけたのでそのまま買った本。「芸術の秋」つながりということで。

・雑誌 「芸術新潮 10月号」

4wcw1dpq
 高校生の頃からもうかれこれ15年以上、ずーーーーーーーっと、クリムトの絵が好き。


 今まで買ったことがない「芸術新潮」ですが(だって高いんだもん!雑誌のくせに1,400円。)、クリムト特集の新聞広告が目に留まりました。「史上最高額の女、載ってます」という、挑発的でキャッチーなコピー。

 雑誌の文中にありましたが、「俗受けする、女子どもが喜ぶような絵」という見られ方をしていることも、承知の上。それでも好きなんだから、仕方がないのさ。
 ちなみに好きな作品は「ダナエ」、「海蛇」、「ユディト」、「医学」あたりかな。もちろん定番「接吻」も。リンク張るの面倒なので、興味のある向きは検索して下さい。

 10月号を読み終わって、ウィーンには特に興味ないけど、「クリムト見るためだけに行く」っていうのも、私にとってはアリだな、と思いました。

********

 あ、そうそう、7月に発注したけどなかなか届かなかった、アンジェラ・バレットの「The Emperor's New Clothes」(=裸の王様)は結局、9月末にAmazonから「誠に申し訳ございませんが、大変残念なご報告があります。」というメールが来て、「お客様にこの商品をお届けできる見込みでしたが、現時点ではどの仕入先からも入手できないことが判明いたしました。」ってことで、チャンチャン☆だった。

 まあ、それは諦めるとしても、「国内発送の場合、この商品がキャンセルされた事により他にご注文いただいている商品の合計金額が一定額を下回ると、配送料がご請求額に加算される場合がございますのでご了承ください。」っていうのは、了承できかねるなあ・・・。

********

 →1月の記事
 →3月の記事
 →5月の記事
 →7月の記事

2006年9月 6日 (水)

おっかいもの♪(7月)

Absx01vb
 この1ヶ月のうちに、「7月の買い物はどうなってるんだ?」と一度でも思ったアナタは、かなりの「ときどき日記」マニアです。

 →1月の記事
 →3月の記事
 →5月の記事


 7月も、4日にちゃーーんと「お買い物」しました。「ちゃんと」っていうのもおかしいけど。
 じゃあ日記書くのをサボったのか、というと、それもちょっと違う。コレが少々「訳アリ」でして・・・。
 どこらへんがどう「訳アリ」なのか、とくとご説明いたしましょう。


(写真左上から時計回りに)

・マンガ 「記憶鮮明」 日渡早紀
 高校時代大好きだったマンガ、「ぼくの地球を守って」。この豪華愛蔵版が出たのが2004年。購買層としてもろに想定されていた30歳の私は、1冊1,000円×全10巻を即大人買いしましたとも。
 大人になっても、面白いものは面白いんだ、これが。

 で、その番外編ということで買ってみました。
 正直、ちょっと微妙・・・。あんまり面白くなかった;


 今回の買い物でこれ1冊だけが、お盆前に届きました。そう、今回の「お買い物」は、全部一緒に届いていないのです。それも、第1回配送が注文の1ヶ月以上後。
 これが「訳アリ」。そのわけは、最後まで読めば分かる。


 以下4点は、8月下旬に届いたもの。

・CD 「ライフ・フォー・レント」 ダイド
 5月のCreig Davidと同じ。sfkさんに紹介していただいてから、購入するまで足かけ何年?? ずーーーーっとカートに入っていました;
 「No Angel」はとっくの昔に買ったんですがね、と言い訳。


・CD 「Never Never Land」 Jane Monheit
 「あれ?このジャケ5月にも写ってなかった?」と思った方は、極度の「ときどき日記」マニアです。(そんな奴おらんやろ;)

 5月の日記に「この冒険が吉と出るか? 」と書いた、Jane Monheit。アーティストのことも何も知らず、映画で流れた曲が気になって、その1曲のために買ってしまった1枚です。
 このCDが、大当たり。すごく気に入りました。

 ・・・しかし、買う時にちょっとケチがついちゃった。

 何度聴いても、その「お目当ての1曲」が入っていないのです。Amazonのサイトには12曲って書いてるのに、どうやっても10曲しか入ってない。私が聴きたいのは、12曲目なんですけど。・・・どういうこと??
 で、急いでAmazonにメール。

 実はこの時点で、返品期限があと2日に迫っていました。
 私、買い物するとその時点で安心しちゃって、あんまりすぐに開封しないんです;いつも「信じられない」と言われますが。(2日前に開封しただけでも奇跡的と言えます;)
 今回、それが完全に裏目に出たカタチ。
 でもまあ、カタログ作成時のミスってことで、無事返品することができました。

 お目当ての曲は収録されていないものの、この「Never Never Land」は他の曲も良かったので、CDそのものは欲しかったのですが・・・。

 これ、UK版の「デュアルディスク」というタイプのディスクでして。
 ご存知でしょうか。私は当時、それが何なのか知らなかったんですが、片面がCD、片面がDVDという、特殊なディスクです。普通のCDより、見た目にも少々分厚い感じ。
 ちょっと調べればアカンってことは分かるんですが、調べもせずにパソコンのスロットローディングドライブに突っ込んじゃいました♪
 そしたら、うぃー、うぃーって言い続けるばっかりで音楽も流れないし、「取り出し」も利かない♪♪きゃーーー(涙)
 「取り出し」ボタンを押して押して押しまくること数十秒・・・。うぃー、うぃー、がしゃ、と出てきました。

 ・・・返品できてよかったよホント;

 というわけで、お目当ての「Over the Rainbow」が入った別のアルバムを改めて5月に、そして7月には、デュアルディスクじゃないUS版の「Never Never Land」を買ったのでした。


・ 本 「クウネルの本 伝言レシピ」 高橋みどり
 いつもお世話になってますmomenさんが、blogで紹介されていた1冊。momenさんの言葉を借りれば、「スタイリストの高橋みどりサンが、お友達から教わった簡単でおいしいメニュー」だそうです。momenさんのblogを見ていると、なんだか日々お役立ちの様子。

 「水道橋博士のblog記事」で紹介されていた「高橋みどりさんがお友達に教わったレシピをまとめた本」を紹介している「momenさんのblog記事」を読んで、買う私、なのでした(笑)
 実際に料理するかどうかは、また別の話。


・絵本 「金曜日の砂糖ちゃん」 酒井駒子
 6〜7月に京都で開催されていた「絵本作家ワンダーランド」という絵本の原画展で、私の心を奪ってやまなかった絵本画家、酒井駒子。彼女の絵は前からあちこちで目にはしていて、かわいいなあ、とは思っていたけど、原画見ちゃったらもうイチコロです。
 「金曜日の砂糖ちゃん」って何だよ!かわいすぎだよ!誘拐しちゃうぞ!!


・ 本 「 私の10年日記」 清水ミチコ
 これまたmomenさんのblogで紹介されていた本。「人が紹介していた本」って、時期によっては「いつかね。」って後回しにしちゃう時と、すっごく気になっちゃう時がある。


 この2枚&2冊は、まだどれも聴いてないし読んでません。いつものことながら、昨日箱を開けました;
 CD返品騒ぎに懲りてない私。。。


そして最後に・・・。

・絵本 「The Emperor's New Clothes」 Hans Christian Andersen
 そう、これが「訳アリ」なのですよ。実はこの本、まだ届いてないのです。

 ペーパーバックの絵本で、洋書です。酒井駒子さんに心奪われまくりだった「絵本作家ワンダーランド」ですが、他にも興味を引かれた作家さんが何人もいました。
 その一人が、アンジェラ・バレット。子どもに読み聞かせる類の本ではないかもしれませんが、繊細かつオシャレで、もろに好みでした。

 この、アンジェラ・バレット版「裸の王様」の原画も展示されていて、これが斬新!
 「裸の王様」って聞いて、普通こんな王様思いつきます?!
 これがAmazonで買えると知って、小躍り。

 ・・・が、届かない。
 注文した時は確か「3〜6週間以内に発送します」となっていたような気がするのですが、配送予定日は現在2006/7/27 - 2006/9/26・・・。届かないんじゃないか、という心配も、あるにはある。

********

 合計10,003円。素晴らしい!!!
 CDを控えると、これだけ買えるのね〜という感じ。
 今ちょっと音楽を聴く気分がストップしてるので、次回も本を重点的に買おうかな。

 8月にAdobe Photoshop Elementsを買ったので、9月の買い物はおあずけ。次回から、「偶数月のお買い物」とします。

2006年5月 9日 (火)

おっかいもの♪(5月)

1c542h2y  毎度お馴染み(?)、奇数月はAmazonで買い物。

 →1月の記事
 →3月の記事

(右上から時計回りに)
・CD 「Never Never Land」 Jane Monheit
 先日更新した映画感想にも書きましたが、「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」のエンディングで流れた「Over the Rainbow」のアレンジがかっこよかった。興味を持ったので、私の超ニブい動体視力を凝らしてエンドロールを見極めました。(この方法は、ほとんどの場合うまくいかないんですが;)
 で、ネットで検索してAmazonで購入。インターネットがないとできない技!
 基本的に、私がジャズで好きなのはピアノとサキソフォン。ヴォーカルはかなり好き嫌いが分かれる・・・はずなんですが、この冒険が吉と出るか?

・CD 「 スリッカー・ザン・ユア・アヴェレイジ」 クレイグ・デイヴィッド
 sfkさんに紹介していただいて、声も楽曲もとても気に入ったくせに、あれから早何年??
 ・・・やっと買いました。

・DVD 「ユーリ・ノルシュテイン作品集」ユーリ・ノルシュテイン
 なんとなくテレビを眺めていた時に、制作の様子を紹介するドキュメンタリーを目にして興味を持ちました。
 長年、相も変わらず細々と好きなジャンルである「ヨーロッパ(ロシアだけど)のアニメ」。噂によると、絶品の味わいらしいです。
 ずっとカートに入れてあったんですが、10%引きになった瞬間を狙って購入! (Amazonの価格設定って、1日おきに10%引きになったり正価に戻ったり、よくわからない。キャンペーンの一環なのか何なのか・・・。)

********

 「2ヶ月に1万円」と決めていて、毎回5点くらい買えているんですが、今回はDVDが高かったので3点で合計10,485円。
 そこに前回の注文でゲットしたギフト券500円を適用して、9,985円。なかなか上手い組み合わせ♪(自画自賛)

 しかし・・・。
 一昨日届いたんですが、いつものごとくスロースターター。まだ開封していません。

2006年3月 8日 (水)

おっかいもの♪(3月)

7xediqfn  奇数月のお楽しみ、Amazonで買い物。

 1月の記事はこちら


 ※写真は、母親がそごうでもらってきた「おかいものクマ」トランプ



Funrkvcy

 さて、今月の買い物を写真左上から。

・本 「鳥の歌からヒトの言葉へ」 岡ノ谷一夫
 以前も書いたことがありますが、カナリア仲間のvegetabledaysさんとの間で話題になった本。
 ジュウシマツの歌に「文法」があることが発見され、この「文法」はオスがメスの気を惹くために発達したのでは?という仮説のもと、人間言語の起源もひょっとしたら・・・という研究の本。
 内容の面白さもさることながら、岡ノ谷先生の人となりが楽しくてファンに。
 私が購入する本は、「図書館で借りて読んで、手元に置いておきたくなった本」か、「図書館には置いてもらえないであろう本」のどちらかです。これは前者。

・CD 「Back to Bedlam」James Blant
 「You're Beautiful」がFMのヘビーローテーションでした。本国イギリスでもえらい売れてたらしいです。
 声が大好きで、一時、耳から離れなくなりました。元NATOの和平部隊軍人という経歴を持ちながら、妙に「繊細くん」っぽいルックスもけっこう好き。
 CDに貼られているシールによると、ドラマ「小早川伸木の恋」に使われていたらしいです。トリノオリンピックのフィギュアでも、スイスの男子シングル・ランビエール選手がエキシビションに使っていました。

・CD 「世界でいちばん不運で幸せな私 オリジナル・サウンドトラック」
 この映画では、色々なアレンジの「La Vie en Rose」が使われています。これも耳から離れないくらい心地よくって、気付いたら歌ってる。着メロにもしています。
 でも、着メロサイトにはエディット・ピアフのスタンダードなのしかなくって・・・映画の中のアレンジが一番好きで、欲しくなりました。映画自体は全然好きじゃないですが。。。

・CD 「Timeless」 Sergio Mendes
 これもFM。
 今年の1月に車を走らせながら何気なくラジオを聞いていたら、始まった曲の気持ちよさに「何何何?!誰誰誰?!」と大慌て。お馴染みの曲のアレンジなんだけど、この声と曲調はThe Black Eyed Peasでしょう?!
 最近聞いてるFM局、DJのほとんどが外国人なので、アーティスト名が分からないことが多いのですが、辛うじて聞き取れた「featuring The Black Eyed Peas」(やっぱり!)を頼りに、ネットで検索しました。その曲は、「Mas Que Nada (Mah-sh Keh Nah-da)」。

・CD 「恋する惑星 オリジナル・サウンドトラック」
 劇中歌であるフェイ・ウォンの「夢中人」が大好きだったんですが、弟がCD持ってるのをいいことに、借りてPCに入れて、それで済ませていました。ところが昨年のHDDクラッシュ。自分でマスターを持っておかないといけないってことを痛感。
 1994年の映画のためAmazonでは売り切れていて、「マーケットプレイス」っていうのを初めて利用しました。

・CD 「Late Registration」Kanye West
 夏頃にFMで「Gold Digger(feat.Jamie Foxx)」を聴いて「何コレかっこいい。」と思い、検索してパソコンでPVを見た途端、欲しくて欲しくてたまらなくなりました。またまた耳から離れない系。
 しかし、値段調整(2ヶ月ごとに約1万円)のためにカートから何度も外されて・・・カートに入れてから長かったなあ。


 しめて9,799円。もうちょっとジャストにしたかったかな。
 今回は、なんか洋楽CDばかりになってしまいました。次回はCDを控えよう。

********

 書いてみて思うけど、こんな日記って全然面白くないよなあ。。。他人の買い物日記なんか、私だったら読まないもん。

********

<余談>
 何の偶然か、この記事を投稿した約10分後、「岡ノ谷先生」という検索でウチに来た人が・・・。びっくり。

2006年1月 8日 (日)

おっかいもの♪

Xnzvsfg7  Amazonでの買い物は2ヶ月に1万円!と、心に固く決めているのですが、私のショッピングカートには常時30以上のアイテムが入っていて、決済のボタンがクリックされるのを今か今かと待ちかまえています。
 ちなみに、一番古いのは2004/11/26にカートに入れた「ゲド戦記」全6冊セット。(これ、単価が11,235円なので、このルール守ってる限りは購入できないんですねえ;)

 昨年後半は、ずっと見ていた大好きな海外ドラマ「フレンズ」のDVDがメーカーのキャンペーンでしばらくの間半額になっていて、かなりのイキオイで大人買い。利用履歴見たら、4月から毎月買ってるじゃん!!!
 前回の購入は11月だったので、今月は買い物ができる月。年明けに早速注文し、一昨日荷物が届きました。今年こそは我慢です。

 さてさて、今回届いたのは、下記の通り。(写真左上から)

・マンガ 「はれた日は学校をやすんで」西原理恵子
・マンガ 「上京ものがたり」西原理恵子

 先日のリンク紹介で、金田こけももさんのサイトをご紹介した時にも引き合いに出しましたが、好きなんです。西原理恵子。
 とんでもなく毒を含みつつ、人間愛が通底しているところと、あの、どうしようもないリリカルが大好き。「今さらりえぞうかよ」って感もありますが、私はわりと、古かろうがハヤリが過ぎてようが、しぶとく好きでいられる性格。
 「鳥頭紀行」と「鳥頭対談」、「人生一年生」は読みましたが、彼女の文章作品はもういいかな〜。

・マンガ 「輝夜姫」 (8) 清水玲子
 えーーと、マンガばっかり読んでるわけではないです;
 たまたま価格調整の関係で、今月はこうなっただけ。一応フォロー。
 家に全27巻買いそろえてあったんですが、長いこと放置してました。(買って読んでない本いっぱいあります;開封してないのもある;;)
 それが12月の始めに突然、1日で全巻読むという暴挙に出たんですが、なぜか8巻だけないことに気付く。手元に届いてパラパラ見てみたけど、これ、読んだ覚えがあるなあ。どこに行ったんだ。

・CD 「Monkey Business」 Black Eyed Peas
 去年の夏によくFMで流れていた「Don't Lie」がすごく気になってたんですが、私はいつもカーラジオで聴くので、アーティスト名がちょっと複雑だと覚えられないんですよね;
 一昨年あたりから、sfkさんに色々な音楽を紹介していただいてまして(ほんとありがとう)、その中にこの曲があって、おお、コレじゃん!!ってことで。最近加入したらしき女性ヴォーカルの声の入り方と、前奏からすでに個性があふれてるところが好き。

・CD 「TRAVELLER」 トータス松本
 イチローに続き、特にファンというわけではないけど、いつも「改めて好き」な人の一人。今日もラジオから「サムライソウル」が流れてきて、もーーー、ニヤニヤニヤニヤ。
 このアルバムも、どの曲かは忘れたけどラジオでどれか一曲聞いて、買わなきゃ〜!と思ったような覚えが。
 1966年生まれということで、今年40歳らしいです。えええ、そうなん;びっくり。ちなみに、この2月4日(土)に大阪城ホールで、1966年生まれのアーティストばかりが出演するイベント〈ROOTS 66 DON'T TRUST OVER 40〉が開催されるらしいです。田島貴男、斉藤和義、スガシカオ、トータス松本・・・私が知ってるだけでも、なんか特異な年代だなあ〜〜と思う。

・CD「chatmonchy has come」 チャットモンチー
 昨年の秋ぐらいに、これまたラジオで聴いてハマったガールズバンド。今後すごく有名になるような気がするけど・・・どうだろう。
 「ハナノユメ」って曲が、もう、かわいくって。少女独特の危うさを秘めながら、でもけっこうあっけらかんとした、そのアンバランス含めてかわいい。ジャンルはパンクだろうか?ジッタリンジンとか、そういう感じ?
 今もたまにリクエストかかるんですが、流れてきたら、車の中で歌ってます(笑;)

・CD「ヴォイセズ~ベスト・オブ・ケイコ・リー」ケイコ・リー
 日産のCMに使われていた「We Will Rock You」(クイーンのカヴァー)、keyちゃんにCD借りてMDとパソコンに入れたんですが、昨年のハードディスククラッシュでパソコンからはデータ消えました;
 で、うちの機械ではMDからはテープにしかダビングできないことに気付いた私;きっとこれは「自分で買え」ってことなんだろうなあと思い、お金払いました。神様ごめんなさい。これでいいですか。

 しめて10,072円。値段をいかに上手く調整するかにもヨロコビを感じる日々。
 次は3月です。どれにしようかな。

 ・・・ていうか、まずは、今回の買い物を読みましょう、聴きましょうね;;