2010年5月17日 (月)

GW報告(前編)

 久々の日記は、2010年のGW報告を3夜にわたってお送りします。
 デジカメの画像取り込みついでに写真日記風に。

********

4月24日(土)

 この日をGWスタートと考えるのは無理があるけれど、GWは長い方が幸せ。

 今、TOHOシネマズなんばでは『午前十時の映画祭』という企画をやっていて、1950年〜1970年を中心に歴史に残る外国の傑作娯楽映画50本を1年間にわたり週替わりで上映中。
 テレビで観て大好きになったあの映画や、未だ観られていないあの映画を、スクリーンで鑑賞できるチャンスです。

 こんな企画をやってることに気づくのが遅れて「ニュー・シネマ・パラダイス」とか「スティング」、ヒッチコック映画を見逃したのが痛いですが、4月3日の「ライムライト」を皮切りに通い詰める予定。最近新しい映画観てない・・・。

 この週は「アパートの鍵貸します」。1960年公開、ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンのロマコメ。大好きな映画。

 あ、いきなり写真ないや;

 

4月25日(日)

 仕事のことは詳しくは書けないんですけど、仕事(休日出勤)で、平城遷都1300年祭に行ってきました。

 前日始まったばかりだったので、大行列・大混雑を覚悟の上で行ったのですが、会期早めに行った者勝ちなのは展覧会と同じらしい。
 思ったほどには混んでおらず、天平衣装を着て会場内を1時間散策できるというのを見付けて、そんなのも楽しんでしまいました♪

1300 
 空が高くて、会場は無駄に広くて、そこが奈良っぽくて素晴らしかったです。

 
 
 

 

1300_2
 5連休の時はめちゃくちゃ混んでたらしい。

 
 
 
 
 

 

 4月29日(木)

 えーーーーーと、この日何してたっけ;
 記憶がないです;
 
 
5月1日(土)

 この日もまた『午前十時の映画祭』。
 ジャック・レモンとマリリン・モンローのコメディ、「お熱いのがお好き」。
 マリリン・モンローがもう、光り輝くばかりにかわいかったです〜〜〜。ププッピドゥ♪(←この映画のことを書く時は、とりあえずコレは外せない(笑))

 夕方からは淀屋橋odonaの中にあるファロ・デル・ポニエンテでteicoさんとスパニッシュ。

  ・・・の約束だったのに、お昼ご飯にフォーと麻婆丼のセットを食べてしまい、満腹。

Photo_2
 なんで単品にしなかったのか。アホやろ私;

  
 

  
 でもディナーは別腹。(ってどういうこと。)

Image070

 
 このお店はパエジャ(パエリア)が売り。
 注文したのは厳密にはパエジャではないのですが、土鍋で炊いたお米料理が絶品でしたわ♪

  
 
 
 
 
 

********
 
 「つづく」ってしたら、またblog止まってしまうような恐怖があるんですが・・・。
 頑張って、「つづく」。

2010年1月26日 (火)

買いました。

 マイケル・ジャクソンと言えば謎の整形、「ネバーランド」、ロリコン疑惑、赤ちゃん宙づり、バブルスくん。
 ・・・そんな貧困なイメージしかなく。

 知っている曲は「スリラー」と「We Are The World」くらい。(正確に言うと「スリラー」は、踊りは見たことあるけど曲は知らなかった。)

 ・・・そんな私が、追悼特番やYoutubeで「バッド」、「スリラー」、「スムーズ・クリミナル」などのPVを目にし、「2009年にわかマイケルファン」のご多分に漏れず、「マイケル・ジャクソンってこんなすごい人だったのか!」とやっと気づき、「『This Is It』がすごく良い」という噂につられて映画館に足を運んで、「ビリー・ジーン」に合わせて体を揺らしながら、涙するほどにまでなりました。

 年末にWOWOWで放映されていた「マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説」と「ムーンウォーカー」も録画したよ。
 
 
 ・・・というわけで、今日届きました。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT
  (特製ブックレット付き) [Blu-ray]


Image00802  
   
 
 
 
 
 
 

 
 
 発売日、1月27日じゃなかったっけか。Amazonすげえ。
 

  
 ・・・しかし。

 ブルーレイを再生する機械を持ってないんだけどな。
 どうするべ。
 
  

2010年1月11日 (月)

一年の計

 このblogで「一年の計」を立て始めて、5年目。軽く節目の年です。
 2010年、これもキリがいい。

 そんなわけで、2010年の目標を。

********

<2010年の数値目標>

 昨年はあまり守れなかったので、数値目標は据え置き。

●1ヶ月に3冊本を読む → 年36冊
●1ヶ月に2通手紙を書く → 年24通
●2ヶ月に1回お菓子を作る → 年6回
●シリアスな舞台劇、クラシックコンサート、伝統芸能をそれぞれ年に1回鑑賞する → 年3回

  

<2010年の目標>

●休日クオリティを上げる
●本気でお金を貯める
●物を捨てる

 「休日クオリティ」とは何かと言いますと・・・。まあ、造語なんですけど。
 2009年の秋以降は仕事が忙しかった上に休日に予定を入れすぎて、とっても疲れてしまいました。読書と映画が激減した主な原因もこれ。
 この反省に立ち、休日をある程度コントロールすることにします。

 1ヶ月に最低8日は休日があるので、以下のカテゴリーを基礎にして、なるべくまんべんなく振り分けようと。

(1)(2)人と会う
(3)山登り
(4)ひとりで出かける
(5)美容院
(6)日本画教室&自主制作
(7)洗濯&掃除
(8)予定を入れない

・・・とまあ、こんな感じに。

 お金は・・・。
 今まで「カード払いして、残った分は預金」という程度のゆるーーいものだったので、4月から財形貯蓄始めようっと。

 「物を捨てる」というのも、「使い捨て」という意味ではなく、要らない物を見極める力をつけないとね。
 物を捨てると、物を買わなくなるらしい。

 

<2010年に始めること>

1999年はパソコンとインターネット
2000年はホームページ開設と料理教室
2001年は特にないけど、就職試験を受け始めた。
2002年は覚えてない。ないかも。
2003年は新しい仕事
2004年もないような気が・・・。
2005年は漢字検定に挑戦。それから、大学で勉強した中国語を再開。
2006年は手紙を書き始めた
2007年はウォーキング
2008年は日本画
2009年は山登り

 ホントは何か習い事したいんですが、今のライフパターンではちょっと無理かなあ。
 無理せず続けられて、自分にプラスになることを始めたいです。

2010年1月 4日 (月)

明けましておめでとうございます

Photo_2    

 
 
 
 
 
 
 
 

 
  
 
 
 

 久々にこのページを開けて、このブログってこんな色だったっけとか思っている私です。
 

 昨年は色々とお世話になり、ありがとうございました。
 ブログは5月以降更新ナシという体たらくですが、本人はいたって楽しく過ごしています。
 本年もよろしくお願い申し上げます。
 

 今年の年賀状は、ネットで拾ってきた写真を参考に墨でイラストを描いて、それをスキャナで取り込みました。墨で描いたはずなのに微妙に茶色い色が出たので、グレースケールに変換。ハンコは別の紙に押して、これもスキャン。Photoshopで合成しています。密かに手が込んでるよ。
 文字も別書き。字は自己流で下手くそなので、今までパソコンでごまかしていましたが、今年はそれだとレイアウトのバランスが悪くて・・・。奮起して書きました。
 

 さて、毎年恒例、2009年の総括。一応これは「義務」ってことで。

*********

 昨年1月に2009年の「一年の計」を立てました。
 一年を振り返って、最終報告をいたします。
 

<2009年の数値目標>

●1ヶ月に3冊本を読む → 12ヶ月で36冊
 [実績:■冊] 達成できず;

 恥ずかしくて実績書けません。。。
 

●1ヶ月に2通手紙を書く → 12ヶ月で24通
 [実績:36通] 達成!

 2009年はついに、憧れの「万年筆」を買ったのだ〜♪
 2008年の33通から増。ただし、出さなかった月が4回もあります。
 

●2ヶ月に1回お菓子を作る → 12ヶ月で6回
 [実績:3回] 達成できず;

3月にホワイトチョコのケーキ
Image058    

 
 
 
 
 
 
 

 

10月にゴールデンアップルケーキ
(りんごとパイナップル、くるみのケーキ)
Image01801 

 ラベル作りに目覚めてみました。

 
 
 
 
 
 

 
12月に土佐文旦のピール
(これも「お菓子」ってことにしちゃえ)
Image00501Image006  

 
 
 
 
 
  
 
 

 正直なところ、忙しくてお菓子作りどころじゃなかったです。

 

●シリアスな舞台劇、クラシックコンサート、伝統芸能をそれぞれ年に1回は鑑賞する → 12ヶ月で3回
 [実績:6回] 達成!

 1月「RENT」(正確にはミュージカルです。)
   「関西フィルハーモニー管弦楽団
       ニューイヤーコンサート」
        (クラシックコンサート)
 7月「NINAGAWA 十二夜」(伝統芸能的な・・・)
 8月「玉三郎特別舞踊」(伝統芸能)
 10月「鼓童」(伝統芸能)
    「オルガン名曲コンサート オルガンの聖と俗」
        (クラシックコンサート)

 「シリアスな舞台劇」というのが案外難しい。意識してチケット取らないとね。
 
 
<2009年の目標>

●サイト完成→ × サイトどころか・・・。
●週に1回はブログを書く → × どの口が言うたっ!?
●本気でお金を貯める → × 投資信託の説明は聞いたものの、結局定期預金している小心者。
●物を捨てる → ○ 服、ぼちぼち捨ててます。あと、「お直しに出す」ということも始めました。
●平日は毎日30分、軽く掃除。 → ×
 

<2009年に始めたこと>

1999年はパソコンとインターネット
2000年はホームページ開設と料理教室
2001年は特にないけど、就職試験を受け始めた。
2002年は覚えてない。ないかも。
2003年は新しい仕事
2004年もないような気が・・・。
2005年は漢字検定に挑戦。
     それから、大学で勉強した中国語を再開。
2006年は手紙を書き始めた
2007年はウォーキング
2008年は日本画

 そして2009年。
 自分で「始めるぞ」と思って始めたのではないのですが・・・。

 運動や筋肉とは無縁のこの私が。

 なんと。

 山登り

 始めました。

 ・・・この話は、「2010年の目標」と併せてまた次回。

2009年5月 6日 (水)

「◎」(東京3泊4日 その4)

 去年の9月に行った東京旅行記、続き。
 一応「書き上げる」という意気はあるわけで。

********

9月21日(日)

「おめざ」(幼児語)
  (「おめざめ」また「おめざまし」の略)
   (1)目がさめること
   (2)子供が目を覚ました時に与える菓子の類。
                  (『広辞苑』第五版)


 この旅で気づいたのは、「買ったものは食べないといけない。」ということ。
 あれもこれも美味しそうで、買うのは楽しいけれど、1日に食べられる量は限られている。それでも買ってしまう。人の業の、何と深いことか・・・。

 と、そんな大袈裟なものでもないんですが、お菓子を買っては朝な夕なにちょっとずつ、ケチケチ食べていました。

Image054  
 というわけで、本日の「おめざ」。

 昨日買ったラデュレのマカロンの中から、左端のキャラメル・フルール・ド・セル(塩キャラメル)。
 キャラメル味、大好きなんですよねーーー。

 
 

 前日にサロンでビッグサイズの「イスパハン」は食べましたが、このサイズのマカロンをいただけるのはこの旅では初めて。堪能しながら味わいます。

【感想】
 表面のさっくりとした脆さに関しては、残念ながらパリで食べたものには及ばないけれど、ねっちりとしながら、決してカチカチではないフィリング(このバランスが上手くいっていないマカロンが多い。)、脳髄を直撃するこの甘さ・・・!

 「あぁ〜。」

 思わず愉楽の声が漏れ・・・。

 どんだけやねん私、と苦笑するのでありました。

 そしてもちろん、朝食もちゃーーんと食べたわけで。
 麻布十番のpointage(ポワンタージュ)で昨日買ったパンを、ホテルの朝食ビュッフェに持ち込みました。

 イチジクとブルーチーズのパンが激ウマ!!!
 写真を撮っていないのが痛恨です。。。

********

 さて、2日目の行程を書くにあたって外すことができないのが、「ぶらぶら..ぶろぐ」の存在です。

 「ぶらぶら..ぶろぐ」は、京都の襖絵の検索をしているうちに辿り着いたサイト。
 管理人(って言うんですかね?言わない?)のokさんは、表参道(当時)にオフィスを構えるインテリア関係の会社(推測)でお勤めされている女性です。美術や音楽や美味しいものへのアンテナがとってもピピッとしてらして、東京在住(多分)・在勤のステキOLさんのお手本として、憧れのマナザシを以て拝読していました。

 そんなokさんがピックアップされているのはきっと、観光客向けでない、普段着の美味しいお店に違いない!!

 出発前のプランニング段階、路線図と行程表を片手に「ぶらぶら..ぶろぐ」を熟読し、目的地として選んだのが、代々木上原。(→関連記事
 普通に旅行をしていたのでは目的地になるはずもないこの土地へ、okさんの「身体が溶けるほど美味しい」「関東では一番美味しいと思う」という言葉に全幅の信頼を寄せ、行って参りました。

 代々木上原の駅を出てまず向かったのは、okさん曰く「関東では一番美味しいと思うベーグル屋さん」、「マルイチベーグル。(注:2009年4月、白金に移転)

 お店の前には開店前から行列ができていて、まだまだ残暑厳しい9月下旬、背中の真ん中をたらーりたらーりと汗が伝うのに耐えながら、並んで待ちました。
 サンドイッチ好きとしてはベーグルサンドが食べたくて食べたくて仕方がないんだけれど、ドーナツも食べたいので我慢。朝食の分だけにしなくちゃ。

 そう。ドーナツとベーグルだからこの日記のタイトル。今回の代々木上原でのテーマは「◎」なのです。

 しかし、「クリス●ークリームドーナッツ」をはるかに凌ぐというドーナツ屋さん「haritts」(ハリッツ)は、出発前に調べたデータとは定休日が変わっていて、路地の細い道を迷いに迷って辿り着いたにも関わらず、ぴたりと扉が閉ざされていました・・・。ショック・・・。

 未練がましく、しばしの間店の前をうろついていましたが、閉まっているものは諦めるしかない。今ここでドーナツが食べられないということは・・・。

 踵を返していざ、ベーグルサンドを買いに!!

 再びたらーりたらーりと汗を流して、行列に並ぶ・・・。(お店の人に覚えられていました;)

 ベーグルサンドを手にした頃から、天気予報で告げられていた雨がぱらついてきました。
 近くに食べられそうな場所はなく、駅のベンチでベーグルにかぶりつく勇気もなかったので、午後の目的地、新宿へと早々に移動しました。

 結局、「ベーグルを買いに来ただけ」に止まった代々木上原。
 駅前の「チャプチーノ」のパンケーキも食べたいし、評判の中華料理「老四川 飄香」にも惹かれる。そして、「haritts」は絶対リベンジしたい・・・!
 また行きます。

 この日は町のお祭りが近かったらしく、商店街の人たちが足場を組んで提灯を吊したり、せわしく準備をされていました。

********

 新宿という街は、駅ひとつ取ってもだだっぴろく、田舎者の私にとっては何度利用してもさっぱり分かりません。

 今回もなんだか、フラフラと出た出口がまったく方向違いだったらしく。
 地下道をくぐり抜け、道を渡ってぐるりと建物の周りを回り・・・。雨の中をどうにかこうにか辿り着いたスタバでコーヒーを買ったものの、席にありつけず。通路に置かれた狭いベンチになんとか場所を見つけ、両脇を若者に挟まれてきゅーーっとなりながら、おもむろにベーグルサンドを広げました。

 えーーーと、フィリングは何にしたんだっけかなあ。
 欲張りな私のこと、ハーフ&ハーフにしてもらったのは確かなんだが。(遠い記憶)
 ドライトマトのクリームチーズと、オリーブたっぷりのツナだったかな。

Image058_2  
 このあふれんばかりの内容量を見よ。

 
 
 
 

 

 
 大きなウインドウから外を眺められる席(とは言えないけど)で、行き交う人波を見下ろしながら、かぶりつく。

 ・・・・。 

 ウマーーーーーーーーーーー。
 (表現が古くてすみません;)

 ああ、ドーナツが食べられなかったのは残念だけど、2回並んでまでもサンドイッチ買ってよかったよ!!
 そしてokさん、本当にありがとう!!

********

 さて、私がベーグルにかぶりついている間に、雨はかなり本格的になってきた様子。
 食べ応え抜群のベーグルでお腹もいっぱいになり、でっかい駅ビルをあっちへウロウロ、こっちへウロウロと迷いながら、目的地へ。

 目指すは新宿明治安田生命ビル、「志の輔らくご 21世紀は21日」。

 多分誰も覚えちゃいまいが、9月21日のチケットを手に入れるべくお盆休みの朝に電話をかけたものの、発売開始6分で完売していたはず・・・。(→その日の日記

 実はその後、迷いに迷った挙げ句ついに諦めることができず、ヤフオクで6,995円で競り落としていたのでした。(ちなみに定価は4,000円。)
 
 
(「その5」へつづく)・・・たぶん。

2009年5月 4日 (月)

中間報告

 約4ヶ月の沈黙を破って!!
 blog更新!!!

 ・・・と言っても東京旅行記じゃないの。すんません。

********

 今年1月に2009年の「一年の計」を立てました。
 4ヶ月が経過したところで、中間報告をいたします。

 

<2009年の数値目標>

●1ヶ月に3冊本を読む → 4ヶ月で12冊 
 [実績:4冊]

 簡単な「読書ノート」をつけているんですが、それを見ると「2冊」になってる。でも、確かアレとコレも読み終わったはずなんだけど・・・。
 ノートに書くことすら怠っている自分がいます。
 
 
●1ヶ月に2通手紙を書く → 4ヶ月で8通
 [実績:11通]

 

●2ヶ月に1回お菓子を作る → 4ヶ月で2回
 [実績:1回]

 3月にホワイトチョコのパウンドケーキ
 (ホワイトデー用)
Image058

 

 
 
 
 
 
 
 
  

●シリアスな舞台劇、クラシックコンサート、伝統芸能をそれぞれ年に1回は鑑賞する → 年3回
 [実績:2回]

 1月「RENT」(ミュージカル)
   「関西フィルハーモニー管弦楽団
       ニューイヤーコンサート」
        (クラシックコンサート)

 すでにリーチ。あとは文楽か落語か狂言に行けば普通にクリアじゃん。楽勝楽勝。(歌舞伎も行ってみたいんですが。)
 でも、厳密に言うとストレートプレイじゃないし、1回はシンフォニーホールに行きたいので、今後も機会を作りたいです。

 

<2009年の目標>

●サイト完成 → 誰が?
●週に1回はブログを書く → 誰が??
●本気でお金を貯める → 満期になった定期預金、結局また定期にしちゃった。。。
●物を捨てる → 夏の衣替えで、服を2袋捨てました!!
●平日は毎日30分、軽く掃除。 → 誰が??????

2009年1月13日 (火)

一年の計

 もうこの歳になると、年が改まったからといって劇的な変化が起こるわけでもないと分かっていますが、やっぱり気持ちを引き締めて、「リセット」と思いたい。
 なので、一年の計を立てるわけです。

 このblogで「一年の計」を立て始めて、早4年目になります。
 今年も懲りもせず、2009年の目標を。

********

<2009年の数値目標>

●1ヶ月に3冊本を読む → 年36冊
●1ヶ月に2通手紙を書く → 年24通
●2ヶ月に1回お菓子を作る → 年6回
●シリアスな舞台劇、クラシックコンサート、伝統芸能をそれぞれ年に1回は鑑賞する → 年3回

 読書の目標は昨年の反省も踏まえ、昨年の月4冊(年間48冊)から月3冊に減らしてハードルを下げてみました。

 映画の目標は、達成が簡単すぎるので意味がないと考え、今年は外しました。

 観劇の目標は対象を絞って、より実りある鑑賞に。

 しかし、こうやって自らにインプットし続けてるけど、アウトプットはできていない感があるなあ。

 

<2009年の目標>

●サイト完成(映画は2007年を完成させ、スペインの写真を公表。)
●週に1回はブログを書く(今日コレを書いたことで、辛うじて守れてる。)
●本気でお金を貯める(株価はしばらく下がり続けるという見通しなので、2009年は株式投資を始めるチャンスか、それとも単なる愚行か?)
●物を捨てる(「1つ買ったら1つ捨てる」くらいの気構えが必要だと、やっと気付いた。特に服。)
●平日は毎日30分、軽く掃除。

 

<2009年に始めること>

1999年はパソコンとインターネット
2000年はホームページ開設と料理教室
2001年は特にないけど、就職試験を受け始めた。
2002年は覚えてない。ないかも。
2003年は新しい仕事
2004年もないような気が・・・。
2005年は漢字検定に挑戦。それから、大学で勉強した中国語を再開。
2006年は手紙を書き始めた
2007年はウォーキング
2008年は日本画

 始めたいことは肚の中に色々持っているんですが、どれも具体化していないのでもうちょっと寝かせておきます。

2009年1月 4日 (日)

明けましておめでとうございます

Nenga3_3  
 
 
 
 
 



 
  
 昨年は色々とお世話になり、ありがとうございました。
 このように停滞もようのブログを読んで下さっている皆様には、感謝感謝です。
 本年もよろしくお願い申し上げます。

 年賀状はいつも、「裏面は自作イラストをパソコン印刷+手書きでひとこと」、「宛名は手書き」・・・というパターンで何年も続けてきました。
 しかし今年は裏面のあまりのシンプルさに、「ここに私のきちゃない文字を入れる余地はないわ。」と思い、手書きのコメントを入れるのをやめました。

 結果、企業の広告年賀かというくらいすごく愛想のない年賀状になってしまいましたが、誰かに対して怒ってるとか、コメント書いてる時間がなかったとか、決してそういうわけではないのです。。。
 余白の美しさを追求したまでですので。(←えらそう;)
 ちなみに、上の画像をクリックすると拡大表示されます。

 さて、毎年恒例、2008年の総括。

********

 昨年1月に2008年の「一年の計」を立てました。
 一年を振り返って、最終報告をいたします。

 

<2008年の数値目標>

●1ヶ月に4冊本を読む(努力目標) → 12ヶ月で48冊 
 [実績:16冊] 達成できず;

 辛うじて、1ヶ月に1冊を切らなかっただけでも良しとしよう・・・。
 昨年の大反省。

  

●1ヶ月に1本映画館で映画を観る → 12ヶ月で12本
 [実績:30本] 達成!

(9月以降鑑賞)
  「ウォンテッド」
  「崖の上のポニョ」
  「石内尋常高等小学校 花は散れども」
  「レッドクリフ Part.I」
  「容疑者Xの献身」
  「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」
  「マジシャン・プレスト」
  「WALL・E/ウォーリー」

 年間劇場鑑賞数、過去最高は1998年と2000年の22本でした。30本は記録更新です。

  

●1ヶ月に2通手紙を書く(12月を除く) → 12ヶ月で22通
 [実績:33通] 達成!

 目標は超えていますが、2007年の42通を割り込んでしまいました。出さなかった月が3回もあるのも反省。

  

●2ヶ月に1回お菓子を作る → 12ヶ月で6回
 [実績:4回] 達成できず;

 2月にガトーショコラ
 3月にチョコバナナケーキ
 6月にベイクドチーズケーキ
 9月にゴールデンアップルケーキ(りんごとパイナップル、くるみのケーキ)
Image034  

 
 
 
 
 
 

 
 
 12月にクリスマスケーキを作る予定だったのですが、諸般の事情で作れず。

 
●3ヶ月に1回劇場で演劇を観る → 12ヶ月で4回
 [実績:17回] 達成!

 1月「徳永英明 VOCALIST & SONGS」
 2月「レニングラード国立バレエ」
   「五穀豊穣〜如月の梁瀬〜」(太鼓演奏会)
   「ドン・キホーテ」(無名塾)
 4月「金聖響 音楽至上主義」
   「大阪フィルハーモニー 星空コンサート」
 5月「春狂言」
   「オペレッタ ロータスとピエーレ」
        (シティボーイズミックス)
   「立川志の輔独演会」
 7月「天満天神繁昌亭」(落語)
 8月「情熱大陸SPECIAL LIVE」
 9月「BLUE MAN GROUP」
   「志の輔らくご 21世紀は21日」
 10月「12人の怒れる男たち」(東京芸術座)
 11月「ベントラー・ベントラー・ベントラー」(Piper)
    「五條コーラスコンサート」
    「金聖響 音楽至上主義」

 この目標を作った当初に意図していたいわゆる「演劇」(ストレートプレイ)は「ドン・キホーテ」と「12人の怒れる男たち」ですが、どっちも自主的に観に行ったわけじゃないんだよね;

 

<2008年の目標>

●サイト完成 → × 完成どころか、止まってます。
●本気でお金を貯める。 → ×
●きちんとする。(平日は毎日30分、軽く掃除。) → ×

2008年12月28日 (日)

夜空のスマイル

 東京旅行記じゃないんですけど;

********

 職場の外にある駐車場まで、朝夕3、4分くらい歩きます。
 朝寝坊の私にはちょっと不便だけれど、日々季節の移り変わりを感じながら通勤できるから、外駐車場はわりと好き。
 私がその星に気付いたのは、秋の終わり頃。南の空にひときわ明るい星が2つ輝いているのを見つけ、毎日眺めながら帰っていました。

 子どもの頃に、父から「夜空で瞬くのが恒星、瞬かないのは太陽系の惑星」と教えてもらったので、その2つが惑星だということはすぐに分かりました。明るさと色から察するに、多分一番明るいのが金星(宵の明星)、もう一方は木星かな。

 12月1日の帰り道、いつものように南の空を見上げると、細い三日月と2つの惑星がすごく近くに並んでいました。
 あっ、すごくきれい。これ、携帯で撮れるかなあ。

 最近の携帯はどんどん性能が上がってきているので、 撮影にチャレンジ。
 ダメ元で挑んだけれど、けっこう撮れるかも。

 ・・・必死で明るさ調整をしていたら、突然ざっざっざっと、近づいてくる足音が!!ぎゃっ、アヤシイ行動を見られたっ;;
 焦って振り返りましたが、一緒に遊びに行ったり仲良くしてもらっている人だったので、よかったです。それでもちょっと恥ずかしかったけど、弁明できますから。

Image003_4  

 
 
 
 
 
 
 
 

 写真では光がぼうっと広がってしまっているけれど、実際はもっと細い三日月で、ちょっと間の抜けた笑顔みたいに見えました。
 夜空のスマイル。

(写真をクリックすると拡大されます。右目部分が限りなく見づらいですが、これが携帯カメラの限界で・・・。)

********

 その週の金曜、12月5日は出張だったのですが、そこで会った人に「この間の空見た?」って聞かれました。
 どうもあれ、天体ショーのひとつだったみたいです。

 それから、画像を見てすぐに浮かんだ「夜空のスマイル」という言葉を検索してみると、同じタイトルで日記を書いている人がたくさんいらっしゃいました。

 あの日夜空を見上げて、同じようにくすっと笑った人がたくさんいるんだろうなあ。
 なんだかちょっと、あったかい気持ち。

2008年11月23日 (日)

青い人々(東京3泊4日 その3)

 「1日1記事」でいくはずが、やはり2回に分けざるをえなくなりました。
 前途多難な気配が漂っていますが、今度こそ「文章少なめ、写真多め」で・・・。

********

9月20日(土)つづき

 さて、ホテルにチェックインして少しホッとしたのも束の間、簡単に荷物を整理した後、再出発です。

 向かったのは麻布十番。
 麻布十番は昨年5月の旅行で行くはずだったのが、都合で目的地から外れました。ホテルの最寄り駅である六本木一丁目から1駅なので、この日の目的の前に行ってみることに。

 しかし、目指したのは有名なたい焼き屋でも煎餅屋でもなく。ガイドブックに載っている麻布十番商店街ですらなく、そこから一筋外れた住宅街へ・・・。

Image045_2
 ネットで「美味しい」と評判だったブーランジュリ、pointage(ポワンタージュ)へ。

 
 

 
 

 このお店はパンだけでなく、お総菜のテイクアウトもイートインもできる魅力的なお店。本当はゆっくり食事もしたかったんだけど上手く日程に組み込めず、今回はパンを買うだけで我慢我慢。
 イチジクとブルーチーズが入ったハード系パンと、クロワッサン・オ・ザマンド(クロワッサンにクレーム・ダマンドをかけて焼き直したもの。大大大好き!!)を買いました。これは明日の朝食用。
 パンの写真を撮らなかったのが痛恨〜〜。

 さて、そこからゆるやかに坂を上り、目指すは・・・こちら!

Image046
 「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」

 
 
 
 
 
 
 

 ラスベガスでBLUE MAN GROUPのショーを見てきたsfkさんが、すごく良かったと大プッシュしておられたのはもう2年前(・・・ですか?)。
 Wikipediaの記述によると「日本で実現していない『最後の大型コンテンツ』」とさえ言われていたそうですが、2007年12月、ついに日本上陸、その後ロングランとなっています。

 感想。
 すごく楽しかったです〜〜〜!

 6列目の中央で、堪能させていただきました。
 5列目までは「公演中に何か飛んでくるかもしれないのでポンチョ着用のこと」という「ポンチョシート」ですから、通常席としては最前列なわけです。

 ネットをちょろっと見たところ、内容については賛否両論みたいですが・・・。「全然面白くない。」という意見もありますが、私は楽しかったけどなあ。
 こういう「くだらないこと」をお金と時間をかけて真剣にやってるのがすごく面白いと思うんだけど。内容はドリフ並にベタなのに、音楽は真剣、というギャップも楽しい。(ただ、日本向け(?)のアレンジはちょっと、迎合してるみたいであんまり・・・だったなあ。)

 一緒に行った友人の近くからは「よく分からん。」という感想が聞こえたらしいですが、そんなことはないと思います。ものすごくわかりやすいと思うんだけど・・・。それとも、ベタすぎて「面白さが分からん」という意味なのかな?
 ただ、入り口で配られた「紙のハチマキ」についてだけは、私にはさっぱり意味が分かりませんでした。恥ずかしながら頑張って巻いたのに・・・。

 ただ、巻き込まれて楽しめるアメリカ人的ノリがあれば、みんなもっと腹の底から面白いんでしょうね。やっぱ基本的に恥ずかしがり屋だよね。日本人ですから。

P1020716
 終わった後はブルーマンたちが外に出てきてくれて、お見送り。
 ロビーは大撮影会になっていました。

  
 
 
 
 

P1020717
 写真がモザイクだらけなのは、被写体が見知らぬ人だからです。。。私ではありませんのであしからず。
 

 
 

Image050
 普段は完全無表情なブルーマンが、微笑んでいるように見える貴重なショット??

 
 
 
 
 

 実はこの公演、かなり早い時期に席をゲットしたものの、チケットを巡るゴタゴタがあったりもしたのですが・・・。
 急遽引き受けていただけて、本当に助かりました。しかも当日は、すごくハードスケジュールの中を縫って来ていただくことになってしまい・・・。感謝感謝です。

********

 夕食は、六本木で夏の名残のタイ料理。

 お盆を過ぎるとエスニック気分も終わってしまうのですが、今年は1度しか食べに行けてなくて、最後にもう一回行けたらいいなあ〜と思ってたので。
 9月とはいえまだ暑さが残っていたので、問題ナシでした。

 しかし、道に迷ったりしているうちにウッカリとしてしまい、不覚にもお料理の写真を撮るのを忘れていました!!!

 もはや何を食べたかあんまり覚えていないのですが、なんか炒めたり揚げたりしたものだった気がします。「辛い、辛い」と100回くらい言いながら食べたのは覚えています。お腹がいっぱいすぎて、トムヤムクンもグリーンカレーも断念せざるをえなかったのが心残りです。

Image051
 おのぼりさん全開で撮った東京タワー。


  
 
 
 
 

 昼間とは全然雰囲気が違う、夜のギロッポンの空気(ちょっとビクビク;)も体感し、徒歩でホテルへ戻る。

 なんだ、歩けるんじゃん・・・。

 結果、「麻布十番まで地下鉄で行く必要は全然なかった」ということが分かったんだけど、pointageでパンを買えたから、まったくの無駄ではなかったわけで。

********

 ブルーマンたちはプロモーションのため、TVにも度々出演しています。
 旅行から帰ってから見た番組に出ていたのは、3人のうち1人は見たことない人、1人は多分私が見た時にいた人でした。

 今東京に来ているブルーマンって、何人いるのかなあ。

(「その4」へつづく)